栃木県の車庫証明申請手続きに必要な書類について解説しています。

HOME | よくある質問 | サイトマップ
お気に入りに追加
栃木県の車庫証明申請に必要な書類
栃木県の車庫証明申請に必要な書類は下記のとおりです。
  1. 1.自動車保管場所証明申請書及び保管場所標章交付申請書
  2. 2.所在図・配置図
  3. 3.保管場所を使用する権原を疎明する書面
  4. 4.使用の本拠の位置を疎明する書面(必要な場合のみ)

各書類に関する詳しい説明は下記のとおりです。

1.自動車保管場所証明申請書及び保管場所標章交付申請書

複写式の専用用紙です。
警察署の窓口でもらえます。
必要事項を記入して印鑑を4枚に押します。

2.所在図・配置図

警察署の窓口でもらえます。
所在図は、使用の本拠と保管場所の位置を表す地図を記載します。
(Google マップ等を印刷したものでも可)
配置図は、駐車場の図面です。
前面道路の幅と入口、駐車場のタテ・ヨコ・高さのサイズがわかるように記載します。

3.保管場所を使用する権原を疎明する書面(※どちらか)

○自己の土地、建物を使用する場合~自認書

自認書は警察署の窓口でもらえます。
自分で記入し、押印します。

○月極め駐車場等を使用する場合~賃貸借契約書の写し、領収書、使用承諾書

使用承諾書を使用するのが一般的ですが、所有者さんに記入・押印してもらう際に手数料を請求される場合があります。
使用承諾書の用紙は警察署の窓口でもらえます。
また、所有者さんが用意してくれる場合もあります。
契約書の写しや領収書を使用する場合は自分で用意します。

4.その他

申請者の住所等と自動車の使用の本拠の位置が異なる場合には、使用の本拠の位置を疎明する書面が必要となります。
例:公共料金(電話、ガス、水道等)や家賃等の領収書、使用の本拠の位置宛の郵便物等